読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

【コラム】矢倉左美濃急戦はどこにいくのか

はじめに 先手の対策が浸透した 後手の反撃 一方コンピュータ将棋界でのこの戦法の現状は 人間が指しこなすのは難しい おわりに はじめに 第1期叡王戦、森内-阿部光戦で強烈なインパクトを放った「矢倉左美濃急戦」。 第1期 叡王戦本戦観戦記 森内俊之九段 …

対矢倉左美濃急戦の逆襲~後手の秘策△8三飛編~(2016/11/19)

前回の記事では対矢倉左美濃急戦の逆襲~先手対策確立編~(2016/11/12) - コンピュータ将棋研究Blog先手の居玉+▲4六角型という対策が優秀という内容であった。 今回はそれに対する後手の秘策を紹介していきたいと思う。 棋戦:第4回将棋電王トーナメント …

対矢倉左美濃急戦の逆襲~先手対策確立編~(2016/11/12)

矢倉の対する左美濃急戦が流行り出したのは今年に入ってからだが、プロ間でもそこそこの対局数を数えることになり、先手側の対策もある程度確立されてきているのを感じる。 その対策はわかりやすく言うと、居玉+▲4六角型である。 後手の形にもよるがほとん…

ツツカナの矢倉△4五歩反発型(2014年)

ツツカナの矢倉△4五歩反発型(2013年) - コンピュータ将棋研究Blogの続き。 今回は2014年のツツカナの矢倉△4五歩反発型の将棋を見ていきたいと思う。 2014年 Apery_2700K_4c vs. ttkn_eval130807_2630QM (2014-03-01 07:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/s…

ツツカナの矢倉△4五歩反発型(2013年)

ツツカナというコンピュータ将棋ソフトは人間らしい指し手や中終盤の粘り強さ、作者の一丸さんの人柄が印象に残るソフトだ。最近はあまり大会に出てこなくなったが、復活を期待している。 さてそんなツツカナだが、私がツツカナ将棋で真っ先にその特色を挙げ…

【矢倉】5手目▲7七銀に対する急戦策の研究

現在、矢倉の序盤は繊細さを極めており、一手一手が非常に難しくなってきている。 特に分岐点となる5手目の▲6六歩と▲7七銀の比較はその時々により選択率が異なっており、現在(2016年7月時点)では▲7七銀が優勢のようである。 これは▲6六歩と指すと後手…

対矢倉左美濃急戦(居角左美濃)の最新研究-居玉、4六角型(2016/07/09)

今までいくつか居角左美濃についての記事を投稿してきたが、徐々に先手の有力な対策も見つかり出している。今回は先手からの有力な対策を紹介し、それに対する後手の対抗策を考えていきたいと思う。 先手の対抗策 ▲4六角▲2五飛型 この対策は将棋はソフト指…

対矢倉左美濃急戦(居角左美濃)棋譜集と定跡ファイルの公開

今までTwitterで公開してきた、対矢倉左美濃急戦(居角左美濃)の棋譜集をまとめて紹介したいと思う。またおまけとして、ponanzaのfloodgate、将棋倶楽部24、将棋ウォーズでの棋譜3095局から生成したShogiGUIで使える定跡ファイルも公開する。 棋譜集はZIP…

左美濃急戦の大ブームはなぜ起きたのか?~矢倉激動の時代~

・流行戦法の条件には ①玉が堅い②攻撃力がある③誰にでも指せる④勝率が高い⑤誘導しやすい といった複数の要素が必要となる。どれか一つでも欠けるとなかなか流行には至らないし、次第に廃れていく。今大流行をしている矢倉に対する左美濃急戦はこの5つの要素…

対矢倉左美濃急戦の5つのバリエーション

はじめに 現在、この戦法は特に将棋倶楽部24や将棋ウォーズといったネット将棋で流行している。 戦法自体も非常に有力であるし、なおかつ持ち時間の短い将棋で威力を発揮すると言える。 この戦法の特徴として作戦の幅が広いことが挙げられる。 よって矢倉…

対矢倉左美濃急戦(居角左美濃)将棋ウォーズ2016Pona棋譜集

はじめに 最近流行の兆しを見せている、矢倉に対する左美濃急戦(別名、居角左美濃)。 この作戦はコンピュータが得意とされている。 今回は将棋ウォーズで2016Ponaが指した対矢倉左美濃急戦を紹介したい。 はじめに 棋譜集 最後に 棋譜集 将棋ウォーズ棋譜(K…

ソフトに見る矢倉に対する有力策

近年、プロ間での相居飛車の将棋では角換わりの将棋が増加しており、その割合は矢倉に近い数字になってきている。 コンピュータ将棋による新手も矢倉では指されており、特に先手番での苦労が続いている形になっている。 今回はコンピュータ間で指されている…

定跡周辺の攻防(矢倉5三銀右急戦)

図の△3三銀は▲羽生四冠△渡辺竜王(08年12月、竜王戦第7局)で現れた渡辺新手である。この将棋はあまりに有名だが、今回はfloodgateではどのように指されているのかを検証したい。 まず図の局面は2013年~2015年の間に86局指されている。 ここからの次の…