コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

対矢倉左美濃急戦(居角左美濃)の最新研究-居玉、4六角型(2016/07/09)

シェアボタン
スポンサーリンク

今までいくつか居角左美濃についての記事を投稿してきたが、徐々に先手の有力な対策も見つかり出している。今回は先手からの有力な対策を紹介し、それに対する後手の対抗策を考えていきたいと思う。

先手の対抗策

▲4六角▲2五飛型

この対策は将棋はソフト指しでおk

という将棋研究ブログで発表され、さらに

盤上のシンデレラ ~アイドル王座挑戦者決定戦~ 第16局 by 四駒関係(KKPP) アイドルマスター/動画 - ニコニコ動画

盤上のシンデレラ16話で先手の駒組みの仕方が改良されたものである。

さっそく盤上のシンデレラ16話の棋譜を見てみよう。

(初手からの指し手)

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀▲5六歩 △8五歩 ▲7七銀 △6四歩 ▲7八金 △6三銀▲2六歩 △3二銀 ▲2五歩 △4二玉 ▲4八銀 △3一玉
▲5八金 △7四歩 ▲7九角 △5二金右 ▲2四歩 △同 歩▲同 角 △2三歩 ▲4六角 △7三桂 ▲3六歩 △6二飛▲2五飛 △4四歩 ▲3七桂(下図)

f:id:fg_fan7:20160709121754p:plain

ポイントとして先手は

居玉

②▲6七金右を保留

③2筋の歩交換を角で行い、▲4六角と引く

④▲2五飛と浮くこと

である。

私の見解ではこの局面まで進むと後手は面白くない。先手に頑張った駒組をされ

攻めの糸口をつかみにくい感じだ。

技巧の検討でもこの局面はだいたい先手+150という数字が出ている。

よってこの局面に至るまでに改良案を考える。

題材は将棋ウォーズの2016Ponaの棋譜から。

将棋ウォーズ棋譜(ziggs五段対2016Pona九段)

私はこの居角左美濃という戦法を研究する際にはponanzaの将棋を参考にするのが最もよいと感じている。いろいろなソフトがこの戦法を指しているが駒組みのセンスが最も優れているソフトがponanzaだと思う。

(初手からの指し手)
▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △7四歩 ▲5六歩 △4二玉 ▲4八銀 △8五歩 ▲7七銀 △6二銀 ▲7八金 △6四歩 ▲2六歩△3二銀 ▲2五歩 △7三桂 ▲7九角 △3一玉 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 角 △2三歩 ▲4六角 △6五歩 (下図)

f:id:fg_fan7:20160709122746p:plain

後手の駒組みのポイントとしては△5二金右と△6三銀を省略すること

先手が囲いに手を掛けないのなら後手も手を省略するという思想である。

本譜は一気の速攻だ。続きを見てみよう。

(上図からの指し手)

▲同 歩 △7五歩 ▲同 歩 △8四飛▲5八金 △6五桂 ▲8八銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △5六飛(下図)

f:id:fg_fan7:20160709123207p:plain

なんと後手は飛、角、桂の攻めで手を繋いでしまった。

ここで先手は序盤で右金を▲6七に持っていかなかった欠陥を突かれてしまったといえる。以下は投了までの手順を記す。

(上図からの指し手)

▲9一角成 △8八角成 ▲同 金 △5七銀 ▲同 銀 △同桂成 ▲4六馬△5八成桂 ▲同 飛 △同飛成 ▲同 玉 △2八飛 ▲4八香 △6六歩 ▲6八歩 △2九飛成 ▲2四歩 △5四桂 ▲5五馬 △6九銀 ▲5七玉 △5九龍▲5八飛 △同 龍
まで62手で後手の勝ち

まとめ

この戦法が人間間で指されるようになり早半年強が経とうとしている。現在は居角左美濃側の勝率が高いが、先手も徐々に対策を考え始めており、序盤の駒組みはより繊細かつ重要度が増している。今後もまた新たな有力な対策が現ればそれに対する対抗策を紹介していきたいと思う。