読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

ツツカナの矢倉△4五歩反発型(2013年)

シェアボタン
スポンサーリンク

ツツカナというコンピュータ将棋ソフトは人間らしい指し手や中終盤の粘り強さ、作者の一丸さんの人柄が印象に残るソフトだ。最近はあまり大会に出てこなくなったが、復活を期待している。

さてそんなツツカナだが、私がツツカナ将棋で真っ先にその特色を挙げるとすれば、矢倉△4五歩反発型の将棋である。後手番でツツカナがこの指し方をよく指している印象があった。今回はツツカナの矢倉△4五歩反発型についてみていきたいと思う。

2013年

BlunderXX_Q6700_2c vs. tsutsukana_1303p2 (2013-03-20 13:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/03/20/wdoor+floodgate-900-0+BlunderXX_Q6700_2c+tsutsukana_1303p2+20130320130003.csa

(初手からの指し手)

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩 ▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲7八金 △4一玉 ▲6九玉
△5二金 ▲7七銀 △3三銀 ▲7九角 △3一角 ▲3六歩 △4四歩 ▲6七金右 △7四歩 ▲3七銀 △6四角 ▲6八角 △4三金右 ▲7九玉 △3一玉
▲8八玉 △9四歩 ▲1六歩 △9五歩 ▲1五歩 △7三桂 ▲4六銀 △4五歩(下図)

f:id:fg_fan7:20160810112041p:plain

先手が▲4六銀と出た瞬間に△4五歩と突くのがこの作戦の骨子となる。

後手の△7三桂が早いようだがこれには狙いがあった。

(上図からの指し手)

▲3七銀 △8五桂 ▲8六銀 △5三銀 ▲6五歩 △7三角 ▲7五歩
△同 歩 ▲同 銀 △2二玉 ▲7四歩 △5一角 ▲8六歩 △9七桂成 ▲同 玉 △8五歩 ▲8七玉 △8六歩 ▲同 角 △6二銀 ▲7六金 △7三歩(下図)

f:id:fg_fan7:20160810112549p:plain

後手は△8五桂~△9七桂成と端に桂を成り捨てた。こうして端に傷を作っておき、桂損ながら細かい攻めを繋いでいこうという方針だ。上図の局面でツツカナは -155と少し後手が有利と見ていた。確かにこの局面になると先手をもって後手の攻めを受けきるのは容易でない感じがする。

(この形の他の参考棋譜)

Momoiro_Clover_Z vs. tsutsukana_1303p3 (2013-06-27 20:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/06/27/wdoor+floodgate-900-0+Momoiro_Clover_Z+tsutsukana_1303p3+20130627200001.csa

 

次の対局を見てみよう。

kato2 vs. tsutsukana_1303p3 (2013-03-27 03:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/03/27/wdoor+floodgate-900-0+kato2+tsutsukana_1303p3+20130327033005.csa

f:id:fg_fan7:20160810113323p:plain

(上図からの指し手)

▲3七銀 △5三銀 ▲4八飛 △9四歩 ▲9六歩 △7三角 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △6四歩(下図)

f:id:fg_fan7:20160810113621p:plain

やや消極的にも写るが、△6四歩と角筋を止め、じっくりした展開に持っていこうとした。こういう展開もツツカナは得意としている。

(上図からの指し手)

▲7五歩 △同 歩 ▲7四歩 △5一角 ▲3五歩 △同 歩 ▲同 角 △4四歩 ▲8六銀 △9五歩 ▲同 歩 △9六歩 ▲7五銀 △9五香 ▲9八歩 △9二飛(下図)

f:id:fg_fan7:20160810114000p:plain

また▲7五歩から角が追われる展開となったが、ツツカナはこの筋は大したことがないとみているようだ。△9五歩から端を詰めて、ポイントを稼いだ上図でツツカナは-136と少し後手有利とみた。ここら辺の中盤の感覚は非常に優れているように感じる。

(この形の他の参考棋譜)

kato2 vs. tsutsukana_1303p3 (2013-03-28 23:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/03/28/wdoor+floodgate-900-0+kato2+tsutsukana_1303p3+20130328233003.csa

 

さらに次の対局を見てみよう。

Titanda_L vs. ttkn_eval110528_2630QM (2013-10-20 21:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/10/20/wdoor+floodgate-900-0+Titanda_L+ttkn_eval110528_2630QM+20131020213000.csa

f:id:fg_fan7:20160810120040p:plain

(上図からの指し手)

▲3七銀 △5三銀 ▲4八飛 △9四歩 ▲1六歩 △9五歩 ▲1五歩 △9三桂 ▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △8五桂 ▲8六銀 △4四歩 ▲6八角 △9七桂成 ▲同 銀 △8五歩

(下図)

f:id:fg_fan7:20160810120246p:plain

やはり端に桂馬を成り捨てて先手陣を弱体化させた。南流とも呼ばれる指し方だ。コンピュータ将棋ソフトもこの筋を指すソフトは多い。

(上図からの指し手)

▲7九玉 △9六歩 ▲8八銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 角 ▲同 角 △同 飛
▲9八歩 △8二飛 ▲7三角 △8一飛 ▲7七銀 △8六歩 ▲8二歩 △7一飛 ▲8四角成 △6四歩 ▲8八玉 △9三角 (下図)

f:id:fg_fan7:20160810120618p:plain

巧みな手順で9筋、8筋に傷を作ることに成功した。このような展開になれば桂損は影響が薄いと言えるだろう。この後実戦では200手でツツカナが勝利した。長手数の将棋を苦にしないのがツツカナ将棋の特徴でもある。

(ツツカナの矢倉△4五歩反発型(2014年)に続く。)

(参考書籍)