コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

最強の証明 ―石田流本組み破りponanza流△6三金型―

シェアボタン
スポンサーリンク

はじめに

石田流三間飛車はアマチュアにも人気の高い戦法で勝率も高く、苦手としている方も多いと思う。主な対策としては左美濃(銀冠)、棒金、右四間飛車、居飛車穴熊などがあるがどれも難解で決定打にはなっていない。

今回は将棋ウォーズの2016Ponaからとっておきの石田流対策を学んでいきたいと思う。

実戦例

事例1

将棋ウォーズ棋譜(kurotsujisan五段対2016Pona九段)

(初手からの指し手)

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △4二玉 ▲6六歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7六飛 △1四歩 ▲1六歩 △3二銀 ▲4八玉 △6四歩 ▲3八銀 △7二金 ▲3九玉 △6三金

(下図)

f:id:fg_fan7:20161120154701p:plain

左美濃から早々と△6三金型に構えるのが、今まで見なかった構想だ。

従来の指し方では△6三銀型に構えることが圧倒的に多い。

(参考図)

f:id:fg_fan7:20161120154926p:plain

この違いは手順を追うごとにはっきりしてくる。

実戦の進行を見てみよう。

(続き)

▲5八金左 △6二銀 ▲9六歩 △3一玉 ▲2八玉 △5四歩 ▲7七桂 △3三角 ▲9七角 △2二玉 ▲6八銀 △9四歩 ▲5六歩 △2四歩 ▲5七銀 △2三銀 ▲4六銀 △3二金 ▲3六歩 △5三銀(下図)

f:id:fg_fan7:20161120155209p:plain

駒組みが進み、先手は美濃囲い、後手は銀冠に組み上げた。38手目△5三銀まで進んだ局面だが、△6三金型が先手の左辺のさばきをガッチリガードしているのはおわかりだろうか。ここでも従来の駒組みと比較してみよう。

 (参考図)

f:id:fg_fan7:20161120155732p:plain

 本譜とは先手の銀の位置が違うが、参考図と比較すると後手の5~7筋が手厚く感じられると思う。石田流対策で大事なのは石田流の左辺の攻め駒をさばかせないこと

これに尽きる。△6三金は好形なのである。では実戦の進行を見よう。

(続き)

▲2六歩 △4四銀 ▲4八金寄 △1二香 ▲3七桂 △1一玉 ▲2七銀 △4二角 ▲3八金上 △3三銀 ▲6五歩 △同 歩 ▲5五歩 △2二銀 ▲5四歩 △同 金 ▲7四歩 △9七角成 ▲同 香 △6七角(下図)

f:id:fg_fan7:20161120160247p:plain

ponanzaお得意の銀冠穴熊に組み、駒組みが飽和した先手が動いてきたのをカウンターした図の局面は先手の飛車が捕まっている。(▲7五飛なら△6四金)ここでも中央の金が大活躍しているのがわかるだろう。後は玉型の堅さが違うので攻め合えば一手勝ちが見込める。

類似局参考棋譜

将棋ウォーズ棋譜(Youcannotmissit21級対2016Pona九段)

f:id:fg_fan7:20161120161027p:plain

では次の例を見てみよう。

事例2

将棋ウォーズ棋譜(duffy_duffy16級対2016Pona九段)

(初手からの指し手)

▲7六歩 △3四歩 ▲7五歩 △1四歩 ▲1六歩 △4二玉 ▲6六歩 △8四歩 ▲7八飛 △3二銀 ▲4八玉 △8五歩 ▲7六飛 △5二金右 ▲6八銀 △6四歩 ▲3八銀 △6三金 ▲3九玉 △6二銀 ▲6七銀 △3三角 ▲5六銀 △5四金 ▲7七角 △3一玉 ▲5八金左 △2二玉 ▲2八玉 △6三銀 ▲4六歩 △2四歩 ▲3六歩 △2三銀 ▲2六歩 △3二金

(下図)

f:id:fg_fan7:20161120161350p:plain

石田流▲7七角型は強敵だがこれには△6三金~△5四金でさばきを封じる

従来なら図の局面では△5二金型の為、▲6五歩からの攻めがうるさかったが今回は△5四金型の為、△同歩と取っておけば二の矢がない。

さらに本譜はこの△5四金が大活躍することになる。

(上図からの指し手)

▲9八香 △7二飛 ▲8六歩 △8二飛 ▲8五歩 △同 飛 ▲8六歩 △8二飛 ▲9六歩
△6五歩 ▲同 銀 △5五金 ▲7四歩 △同 歩 ▲5六歩 △4六金 ▲2七銀 △2五歩 ▲同 歩 △2六歩 ▲同 銀 △3六金
まで58手で後手の勝ち

f:id:fg_fan7:20161120161821p:plain

先手は△5四金型の防御力が高く、攻めの糸口がつかめない。その間に後手は攻め、なんと△5四金がナナメに攻めていき手を作ってしまった。図の局面は先手は収拾不能になっており(銀を取ると△7五銀打)、投了も仕方ない。

類似局参考棋譜

将棋ウォーズ棋譜(akikanko四段対2016Pona九段)

f:id:fg_fan7:20161120162454p:plain

参考棋譜①

将棋ウォーズ棋譜(2016Pona九段対Schezo_Wegey四段)

f:id:fg_fan7:20161120162735p:plain

参考棋譜②

将棋ウォーズ棋譜(Soft_sashi四段対2016Pona九段)

f:id:fg_fan7:20161120162948p:plain

参考棋譜③

将棋ウォーズ棋譜(Raist999四段対2016Pona九段)

f:id:fg_fan7:20161120163203p:plain

参考棋譜④

将棋ウォーズ棋譜(2016Pona九段対Soft_sashi15級)

f:id:fg_fan7:20161120163444p:plain

参考棋譜⑤

将棋ウォーズ棋譜(Soft_sashi21級対2016Pona九段)

f:id:fg_fan7:20161120163717p:plain

まとめ

・石田流には△6三金で左辺をガッチリガード。さばかせない。

・▲7七角型には△5四金が好形。この金で中央を制圧しよう。

・展開によっては銀冠穴熊への組み替えが有力。しっかり玉型を堅くして一手勝ちをしよう。

※まだ検索したらこの石田流破りponanza流△6三金型の将棋はヒットする。

熱心な読者の方は是非棋譜データベースを導入して検索してみて欲しい。

参考記事

将棋ウォーズ2016Ponaの棋譜から特定の局面を検索する方法 - コンピュータ将棋研究Blog

参考書籍 対石田流の中終盤の戦いのコツをつかむのにお勧めの棋書です。