読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

未来の定跡?-ユニーク戦法一挙公開!-

シェアボタン
スポンサーリンク

はじめに

今回の記事は次のような方に特におすすめである。

・まだほとんどの人が研究していない戦法を新たに開拓したい

・コンピュータ将棋特有の変わった戦法が大好き

・未来の定跡を先取りしたい

また今回紹介する戦法にはできるかぎり戦法名はつけないようにした。

これを今読んでいるあなたがぴったりとした戦法名を見つけてくることを期待する。

では早速見ていこうと思う。

戦法の紹介

ユニーク戦法①

将棋ウォーズ棋譜(miya_with_r九段対2016Pona九段)

(初手からの指し手)

▲7六歩 △4二玉 ▲6八銀 △8四歩 ▲6六歩 △8五歩 ▲7七角 △7四歩 ▲6七銀 △6二銀 ▲6五歩 △7三桂 ▲6六銀 △5二金右 ▲6八飛 △3二玉 ▲4八玉 △1四歩  ▲1六歩 △4二銀 ▲3八玉 △5一銀左 ▲5八金左 △9四歩 ▲9六歩 △5四歩 ▲2八玉 △3一角(下図)

f:id:fg_fan7:20161123070553p:plain

対ノーマル四間飛車から鳥刺しを思わせる2016Ponaの駒組み。しかし銀を4四に上がらず、51に引いて角筋を通した。鳥刺しと引き角をミックスしたような指し方で面白い。この指し方の長所としては

・従来の鳥刺しに比べて横からの攻めに強い

・鳥刺しに比べて手数が1手早い(2手 42→51)(3手 42→53→44)

といったところか。

 (上図以降の指し手)

▲8八飛 △6四歩 ▲同 歩 △同 角 ▲6五歩 △5三角 ▲3八銀 △6三銀 ▲5六歩 △6五桂 ▲6八角 △6四歩 ▲6七金 △6二銀 ▲5五歩 △8一飛 ▲7七桂 △同桂成 ▲同 角 △3五角 ▲7八飛 △5三銀 ▲3六歩 △4四角(下図)

f:id:fg_fan7:20161123075036p:plain

先手、後手、桂馬を交換してまずまずの展開。この後は小競り合いがつづいた後、後手が端攻めから攻めて最後は勝利している。

ユニーク戦法②

 将棋ウォーズ棋譜(2016Pona九段対Alaude八段)

(初手からの指し手)

▲7八金 △3四歩 ▲1六歩 △4四歩 ▲6八銀 △3二銀 ▲6六歩 △4三銀 ▲6七銀 △4二飛 ▲9六歩 △9四歩 ▲5六歩 △6二玉 ▲5八金 △4五歩 ▲4八銀 △3三角 ▲7九角 △7二玉 ▲6九玉 △8二玉 ▲6八角 △7二銀 ▲7九玉 △5四歩 ▲5七銀 △6四歩 ▲8八玉 △4四銀 ▲2六歩 △5二金左 ▲2五歩 △5三金 ▲9八香 △5五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲5六歩 △4四銀 ▲9九玉 △5二飛 ▲8八金(下図)

f:id:fg_fan7:20161123080130p:plain

この戦法は初手▲7八金からの対振り飛車に有効である。

居飛車穴熊はその堅さが強みだ。しかしその反面、金銀が左辺に偏るためにバランスを取るのが難しく、振り飛車に抑え込まれて完封負けした経験がある方は多いと思う。

そこでこの戦法だ。実質囲いは8八金の1枚。しかし居飛車穴熊の遠さを活かして、その他の金銀を中央に配置することによってバランス感覚を保っている。

(上図以降の指し手)

△6三金 ▲3六歩 △7四歩 ▲5九角 △3五歩 ▲3八飛 △3六歩 ▲同 飛 △3五歩 ▲3九飛 △7三桂 ▲6八角 △8四歩 ▲4六歩 △6五歩 ▲同 歩 △4六歩 ▲同 銀 △6六歩 ▲同 銀 △5六飛 ▲5七銀左 △5四飛 ▲5六歩 △6五桂 ▲4五歩 △5三銀 ▲5五銀(下図)

f:id:fg_fan7:20161123080828p:plain

この戦法を指された振り飛車党は従来の形よりもさばきにくさを感じ、とまどうはずだ。

実戦は中央に銀を繰り出し、先手まずまずの展開。実戦も勝利している。

ただしバランス重視の形の為、玉型は薄いので注意しよう。

ユニーク戦法➂

nozomi_i7-4510U vs. SM_FuriBisya_only_6700K (2016-09-24 19:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2016/09/24/wdoor+floodgate-600-10F+nozomi_i7-4510U+SM_FuriBisya_only_6700K+20160924190003.csa

(初手からの指し手)

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲6八玉 △4二飛 ▲7七角 △6二玉 ▲2五歩 △3三角 ▲7八玉 △3二銀 ▲8八玉 △4三銀 ▲9八香 △5四銀 ▲9九玉 △6五銀 ▲2六飛 △9四歩 ▲9六歩 △8二銀 ▲8八銀 △9三銀(下図)

f:id:fg_fan7:20161123081806p:plain

最後に紹介するのはfloodgateの将棋から。Twitterでも反響の大きかった将棋だ。

 後手のノーマル四間飛車から先手が一目散に居飛車穴熊に囲ったところ、後手が何やら妖しげな銀の繰り出しをみせている。トマホークのようでいて少し違った趣だ。

では実戦の進行を見てみよう。

(上図以降の指し手)

▲7八金 △8四銀 ▲5九金 △8五銀 ▲7五歩 △7六銀右 ▲4八銀 △7二金 ▲8六角 △5二金 ▲6九金 △4五歩 ▲7九金寄 △9三桂 ▲5九銀 △4三金 ▲5八銀 △4四金 ▲6八角 △3五金 ▲2八飛 △8四歩 ▲5六歩 △4六歩 ▲同 歩 △9五歩 ▲同 歩 △5六銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲5五歩 △8五桂(下図)

f:id:fg_fan7:20161123082152p:plain

 まるで振り飛車版カニカニ銀といった感じである。先手は玉型を固めたものの、後手の抑え込みに対して全く手が出せない。まさに穴熊の姿焼きとなった本局は振り飛車の会心譜といってよいだろう。居飛車だけでなく振り飛車にもまだまだ可能性はある。

そう感じさせてくれる一局だった。

総評

 今回は3つのユニーク戦法を紹介した。

まだまだ、サンプルとなる対局数も少なく未知数の戦法だが、未来では定跡化されるかもしれない。今から楽しみだ。

この記事をきっかけに、コンピュータ将棋って面白いなと感じていただければ嬉しい。

また、これらの戦法名にいい名称を付けてくれるのもありがたい。名案が浮かんだら是非、コメント欄やTwitter、メールなどでお待ちしております。

↓参考書籍

こちらも書籍もユニークな戦法が満載でおすすめです。

痛快! ワンダー戦法 (週将ブックス)

痛快! ワンダー戦法 (週将ブックス)