読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

【コラム】コンピュータ将棋研究Blogのコンセプトについて①

コラム
シェアボタン
スポンサーリンク

Blogには幅広いジャンルがありますが、大きく分けて「特化型ブログ」「雑記型ブログ」に分かれます。

ここでは簡単に説明します。

まず「特化型ブログ」とは限られたジャンルのみを扱うブログです。趣味ブログ、専門ブログとも言うようです。

次に「雑記型ブログ」とは特定のものに限らず、幅広いジャンルを扱うブログになります。

参考サイト

雑記ブログと専門ブログ、それぞれの特徴と効果的な運用方法 http://www.inuikoki.net/entry/blog-zakki-sennmon

私の運営している「コンピュータ将棋研究Blog」は「特化型ブログ」です。将棋というジャンルに特化し、またタイトルにコンピュータ将棋研究とつけ、コンセプトを見ただけでわかるようにしています。

私はBlogを始めるにあたって、読者の方を以下のように想定しました。

・コンピュータ将棋に関心のある方(利用者、開発者、観る将の方…etc)

・将棋の戦術について調べている方(対象棋力は幅広い層を想定しているが、高段者がみても参考になるような本格的な内容を目指した)

 

まず、Blogを始めるにあたってTwitterで告知をしました。Blog以前にTwitterを1年弱やっており、それなりに反響があったので、まずはフォロワーの方を中心にTwitter利用者の方に閲覧してもらおうと思ったのです。Blogを始めた当初の記事を今見返すとまだまだ構成などが荒削りですね。(いつかリライトしたいです。)

しかし、閲覧者数は多くはないものの徐々に増えてはいきました。続けていくうちに閲覧数の多い、いわゆる人気記事も出てきました。投稿数の少なさの割には反響があったと思います。それはコンピュータ将棋の戦術に焦点を当てた記事がネット全体で少なかったのも影響していたと思います。

現代において、コンピュータ将棋が強くなったのはわかっていても具体的な戦術が人間とどのように違うかなどはなかなか情報が出ていなかったのです。

そして今にして思えば、いきなりBlogから始めなくて本当に良かったと思います。Twitter経由で始めて正解でした。

上手くいかなくて挫折していた可能性が高いです。

TwitterはBlogよりも始めるにあたっての敷居が低いので助かりました。また、mizumonさん(現、千田翔太五段のアカウント)を始め、コンピュータ将棋関係者の方もたくさんTwitterをやっていたので、すんなり入っていくことができました。

私は本当にタイミングも良かったですし、助けられた面も多いです。

あらためてここに感謝の意を表します。

(続く)