コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

ソフトから学ぶ終盤講座ー美濃崩し 初級編ー

シェアボタン
スポンサーリンク

今回から終盤講座としてソフトの将棋から寄せのテクニックを学んでいきたいと思う。

第一回は美濃崩しを学んでいきたい。

初回は初級編と題して級位者~初段くらいの方を対象に基本的な例を紹介する。

ではさっそく始めよう。

例題1

NineDayFever_XeonE5-2690_16c vs. gps500 (2013-07-03 13:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/07/03/wdoor+floodgate-900-0+NineDayFever_XeonE5-2690_16c+gps500+20130703133003.csa

f:id:fg_fan7:20161201205846p:plain

(正解)

▲6二銀 △9七歩成 ▲7一角 △9二玉 ▲9七香 △9四歩 ▲9三歩 △同 桂 ▲6一龍
まで73手で先手の勝ち

一段目に龍がいて、持ち駒に角、銀がある場合は▲6二銀が急所の寄せとなる。

△同金なら▲7一角で寄り筋となる。

美濃崩しの最も基本となる形だ。きっちり覚えておこう。

例題2

BlunderXX_4c vs. z-z (2013-01-04 08:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/01/04/wdoor+floodgate-900-0+BlunderXX_4c+z-z+20130104080003.csa

f:id:fg_fan7:20161201210826p:plain

(正解)

▲6二金 △9二玉 ▲7一角 △8二銀 ▲同角成 △同 玉 ▲7一銀 △9三玉 ▲6一龍 △同 銀 ▲同 金 △8二香 ▲6八角 △同桂成 ▲同金上 △4六角 ▲8二銀不成
まで95手で先手の勝ち

図は△6一金と龍に当てた局面だが、ここで龍を逃げることを考えてはいけない。

▲6二金が急所の一手となる。もし△5一金と龍を取ってきたなら、▲7一角△9二玉▲7二金で必死となる。これも美濃囲い攻略には必須テクニックである。

例題3

gps_f vs. Gekisashi_X5590_7c (2013-04-15 19:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/04/15/wdoor+floodgate-900-0+gps_f+Gekisashi_X5590_7c+20130415193003.csa

f:id:fg_fan7:20161201213003p:plain

(正解)

▲5二金 △6二金 ▲同 金 △7一銀 ▲同 金 △同 玉 ▲6二銀 △同 玉 ▲5一角 △7一玉 ▲6二金 △8二玉 ▲3三角成 △6一銀打 ▲同 金 △同 銀 ▲3四馬 △4三歩 ▲同 馬 △6二銀 ▲4四馬 △7一金 ▲4二飛
まで117手で先手の勝ち

図は△6一金と龍に当てた局面。ここでも龍を逃げずに▲5二金が急所の寄せとなる。

次に▲6一金なので△6二金と取るが、▲同 金と食いつくと寄り形である。

次の▲7一角を受ける△7一銀にも▲同 金 △同 玉 ▲6二銀 △同 玉 ▲5一角が王手龍取りとなり、決め手となった。なおも後手は粘るものの先手が正確に寄せ切った。

(次回は中級編)

↓参考書籍

 美濃崩しを相手の囲いのパターン別に分けて分類した終盤力の強化に最適な一冊です。

この本に掲載された200問を繰り返し練習すれば振り飛車相手の勝率アップが間違いないでしょう。