読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

やねうら王2017 Earlyを40コア80スレッドパソコンでさっそく使ってみた

コンピュータ将棋ソフト情報
シェアボタン
スポンサーリンク

12/5、やねうら王にまた新たな改良が施された。

github.com

新ソフト名は、その名も「やねうら王2017 Early」

そのソフトの説明を読んでみると、

YaneuraOu/YaneuraOu-2017-early-readme.txt at master · yaneurao/YaneuraOu · GitHub

複数CPU搭載のときに全スレッドを使い切ることが出来るようになりました。Xeon 22コア×Dualのような構成のときに、88論理スレッドすべてを使い切ることが出来るようになりました。

と書いてある。

私の環境ではXeon 20コア×Dual構成のパソコンを使用できるので80論理スレッドすべてを使い切ることが出来るようになるのだそうだ。

では早速試してみようと思った。

今回は比較として旧バージョンのやねうら王2016 Lateを使用した。

※エンジン設定は2016 Late、2017 Earlyともに全く同じにした。

検討局面

f:id:fg_fan7:20161205211904p:plain

・やねうら王2016 Lateの場合

NPS 12688kN/sec

f:id:fg_fan7:20161205211933p:plain

CPU使用率

f:id:fg_fan7:20161205212228p:plain

 

結果

Dualコアを搭載していても、片方のコアしか使用されず、コアが余ってしまっているため思うほどNPSが伸びない。

・やねうら王2017 Earlyの場合

NPS 23560kN/sec

f:id:fg_fan7:20161205212514p:plain

CPU使用率

f:id:fg_fan7:20161205212613p:plain

結果

NPSがLateから飛躍的に上昇。CPU使用率を見てもDualコアが全て使われており、理想的な検討の環境だ。

まとめ

今までのWindowsの場合、論理コアが64を超えていると、プロセッサグループを2つ作っていた。よってWindowsだと1つのソフトから最大で論理64コアまでしか使えなかった。

↓やねうらおさんの記事参照

yaneuraou.yaneu.com

yaneuraou.yaneu.com

今回の改良により、コンピュータ将棋を検討する者にとっては全てのコアを使い切れるという最高の環境が出来上がったと言える。対応して下さったやねうらおさんには感謝しかない。

これからはこのやねうら王2017 Earlyを使って将棋の研究に邁進していきたい。

↓参考書籍

私はこの本でCPUの勉強をしました。基礎からわかりやすく説明されています。

マンガでわかるCPU

マンガでわかるCPU