読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

角換わり右玉対策-中住まいバランス型ー

シェアボタン
スポンサーリンク

アマチュア間では採用率の高い、角換わり右玉。

今までも本Blogではその対策記事をいくつか書いてきた。

www.fgfan7.com 

www.fgfan7.com

また、「豊島の将棋 実戦と研究」という棋書に載っている銀矢倉から穴熊に組み替える作戦も有力視されている。

豊島の将棋 実戦と研究

豊島の将棋 実戦と研究

 

 

(参考図)

f:id:fg_fan7:20161225170307p:plain

ただ、この指し方は駒が偏るうえ、攻めを繋げるのに高度な技術を要するため、

普段穴熊を指さない人にとっては特に指しこなすのが難しいと思う。

よって、駒の配置をバランスよくした中住まいの作戦を今回は考えてみたい。

事例1

ponanza-990XEE vs. NineDayFever_XeonE5-2690_16c (2013-06-20 20:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/06/20/wdoor+floodgate-900-0+ponanza-990XEE+NineDayFever_XeonE5-2690_16c+20130620200004.csa

(初手からの指し手)

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △8四歩 ▲2五歩 △3二金 ▲7八金 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀 ▲1六歩 △7二銀 ▲1五歩 △6四歩 ▲4六歩 △6三銀 ▲3六歩 △7四歩 ▲4七銀 △6二玉 ▲3七桂 △7三桂 ▲5八玉(下図)

f:id:fg_fan7:20161225170955p:plain

NinedayFeverの一手損角換わりから右玉を見せたところで▲5八玉と上がるのがこの作戦の骨子となる一手である。まだ狙いがわからないので本譜の進行を見てみよう。

(上図からの指し手)

△5二金 ▲4八金 △5四歩 ▲7七銀 △8一飛 ▲6六歩 △9四歩 ▲9六歩 △7二玉 ▲6八銀 △8五歩 ▲6七銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8一飛 ▲2九飛 △4四銀 ▲5六歩(下図)

f:id:fg_fan7:20161225171406p:plain

先手は▲7七銀型から▲6七銀型に組み替える。これは左桂の活用と将来飛車を左辺に転回する狙いを秘めている。右玉がバランスに優れているのならさらにその上を行くバランスのとれた構えを見せるのがこの作戦のポイントである。

(上図からの指し手)

△3五歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲3六歩 △4四銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △5五歩 ▲2三歩 △5六歩 ▲同銀右 △3五歩 ▲2二歩成 △3三銀 ▲2九飛 △2二銀 ▲3五歩 △3六歩 ▲4五桂(下図)

f:id:fg_fan7:20161225171910p:plain

 後手は△3五歩から一歩を持とうとするが、先手も手に乗って応戦する。

上図は難しい形勢ながら、後手にとっては5筋の薄さが気になる展開となった。

事例2

ponanza-990XEE vs. gps_l (2013-06-28 11:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/06/28/wdoor+floodgate-900-0+ponanza-990XEE+gps_l+20130628113001.csa

(初手からの指し手)

▲2六歩 △8四歩 ▲7六歩 △3四歩 ▲2五歩 △3二金 ▲7八金 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △3三銀 ▲7七銀 △6二銀 ▲1六歩 △6四歩 ▲1五歩 △6三銀 ▲3六歩 △9四歩 ▲9六歩 △7四歩 ▲3七桂 △7三桂 ▲4六歩 △5二金 ▲2九飛 △8一飛 ▲4七銀 △6二玉 ▲5八玉(下図)

f:id:fg_fan7:20161225172458p:plain

 gpsの一手損角換わりで事例1と似たような展開。

ここでも相手の右玉が確定したのを見て早々と▲5八玉型にする。

(上図からの指し手)

△8五歩 ▲4八金 △5四歩 ▲6六歩 △4四銀 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △7二玉 ▲2九飛 △3三桂 ▲2三歩 △2一歩 ▲6八銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8一飛 ▲6七銀 △5五歩 ▲7七桂 △6二金 ▲8九飛(下図)

f:id:fg_fan7:20161225172712p:plain

 また、事例1と同じように▲6七銀型に組み替える。そして▲7七桂から▲8九飛と左辺からの逆襲を見せた。右玉という構えは8筋から9筋が案外脆いのでこのような指し方は有力である。

(上図からの指し手)

△5四角 ▲8六歩 △3五歩 ▲同 歩 △3六歩 ▲8五歩 △3七歩成 ▲同 金 △3五銀 ▲8四歩 △2五桂 ▲3八金 △8二歩 ▲6八玉 △2六銀 ▲2二歩成 △同 歩 ▲5六歩 △3七銀成 ▲5五歩 △4七成銀 ▲5四歩(下図)

f:id:fg_fan7:20161225173056p:plain

後手は△5四角と打ち先手の右桂を狙うが、あっさりとその桂馬を取らせる。

その代償に8筋の歩をどんどん伸ばしていく。この後は▲9五歩からさらに9筋にも手を付け、▲9四角が決め手となった。

(参考図)

f:id:fg_fan7:20161225173500p:plain

参考棋譜1 

ponanza-990XEE vs. Titanda_L (2013-10-01 09:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/10/01/wdoor+floodgate-900-0+ponanza-990XEE+Titanda_L+20131001090000.csa

f:id:fg_fan7:20161225173818p:plain

参考棋譜2

Kimimo_Yattaka vs. SILENT-i7-4700 (2016-09-10 07:30) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2016/09/10/wdoor+floodgate-600-10F+Kimimo_Yattaka+SILENT-i7-4700+20160910073004.csa

f:id:fg_fan7:20161225174218p:plain

参考棋譜3

将棋ウォーズ棋譜(2016Pona九段対blackkazu四段)

f:id:fg_fan7:20161225174622p:plain

まとめ

今まで角換わり右玉に苦しんできた人はぜひこの作戦を試してもらいたい。玉形は従来の作戦よりも薄いが、バランスは非常によく、角の打ち込みの心配も少ない。持ち時間の短いアマチュア大会では常に角打ちの隙の心配をともなう従来の指し方よりも有力と言えるかもしれない。また今回は▲7七銀型から▲6七銀型に組み替える作戦を中心に紹介したが、▲7七銀から▲6六銀→▲7五歩と仕掛けるのも有力である。実戦を重ねることにより、皆さんも独自の指し回しを会得してみてはいかがだろうか。

棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説 (マイナビ将棋文庫)

棋界に伝わる二つの秘法 雁木・右玉伝説 (マイナビ将棋文庫)