読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

【ソフト研究】復活する先手角換わり棒銀-△1四歩編-

角換わり

先手角換わり棒銀は歴史のある戦法だが、現在では指されることが少なくなってきている。

角換わり棒銀 
戦型が角換わりの場合の棒銀は、相手が腰掛け銀の場合に有効な手段とされている。先手の場合、右銀を▲3八 - ▲2七 - ▲2六へと進め、1筋を絡めて攻める。ただし棒銀対策が進化している現在では、指されることは稀となっている。棒銀側の組み方の手順によって右四間飛車、右玉、早繰り銀などが有力な対策。加藤一二三は相居飛車においてこの戦型をよく用いる。

ウィキペディア 棒銀より

今回はその角換わり棒銀について改めて最新ソフトで定跡を検証してみたいと思う。

①△1四歩編

(初手からの指し手)

▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲8八銀 △3二金 ▲7八金 △7七角成 ▲同銀 △2二銀
▲2五歩 △3三銀 ▲3八銀 △6二銀 ▲2七銀 △7四歩
▲2六銀 △1四歩 ▲1六歩 △7三銀 ▲1五歩 △同歩
▲同銀 △同香 ▲同香 △1六歩打 ▲1八歩打 (途中図)

f:id:fg_fan7:20170114143605p:plain

△4四銀 ▲2四歩 △1九角打 ▲2七飛 △2四歩 ▲同飛 △2三銀打 ▲2六飛 △3五銀 ▲5六飛 △2八角成 ▲5三飛成 △5二歩打 ▲5六龍 △2九馬 ▲2二歩打 (下図)

f:id:fg_fan7:20170114143707p:plain

 

初手からの指し手の詳しい説明は本記事では割愛する。ここでは部分的なポイントをソフト研究による結論をもって説明する。

まず、途中図が後手にとって岐路となる。ここでは△4四銀が一般的でどの定跡書にも載っているが、ソフトは△2二金という手をまず推奨してくる。これは従来の指し方とは異なり、2筋を切らせずに戦うという方針である。その後は△6二玉から右玉のような陣形で戦う。詳しい指し方の説明は割愛するが、腕自慢の方は考えてみてほしい。

さて、本譜の手順だが、これは「羽生の頭脳 7」に書かれている手順をベースとしている。

しかし、最終図の▲2二歩打が羽生の頭脳7との別れを告げた一手で(羽生の頭脳7では▲2七香打△6二玉で難解とされている)、これで最新ソフトはわずかながら先手が指せると読んでいる。使用ソフトは読み太2.03。

では後手の代わりの手段だが、最新ソフトは40手目△2八角成ではなく、△6二玉を推奨していた。

その他にも先手角換わり棒銀△1四歩型は従来の定跡書には載っていない有力な変化がソフトで検討するとよく見つかる。

まだまだこの形には表に出ていない、いろいろな変化が眠っていそうだ。

一つ例を挙げると、29手目▲1八歩打では▲1一香成を最新ソフトは推奨する。

次回は②△5四角編について改めて先手角換わり棒銀の定跡をソフトを用いて検討していきたいと思う。