読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

スマホ最強!?Apery-cus_0.02の導入の仕方

コンピュータ将棋ソフト情報
シェアボタン
スポンサーリンク

要望があったので記事としてまとめておきます。

※今回の記事は全てスマホのみの操作での導入を想定しています。

①まず、https://www.axfc.net/u/3766354から

Apery-cus_0.02.zipをダウンロード。

②Apery-cus_0.02.zipを解凍。

すると、Apery-cus_0.02というフォルダができており、その中にApery-cus-arm64-v8aというファイルができている。

③Apery-cus_0.02というフォルダをShogiDroidフォルダのengineへ移動する。

※下図は完成図。この状態を作る。

f:id:fg_fan7:20170206191948j:image

evalという名前でフォルダを作る。

その中にKK_〜.binとKKP_〜.binとKPP_〜.binの3つの評価関数ファイルを入れる。

※真やねうら王のファイルをコピーするのがオススメです。

bookは任意でAperyWCSC26ものを入れるなり、独自に作成したものを入れるなりしましょう。

※bookは無くても定跡を使わないだけで使用に問題ありません。ただ、evalは忘れずにフォルダを作りましょう。これを作らないと弱くて使い物になりません。

ここまできたら、ShogiDroidアプリを開き、エンジン管理からエンジン選択でApery-cus_0.02を選択して完了です。

エンジンオプションはデフォルトでは定跡を使わないので、定跡を使いたい場合はOwnBookにチェックを入れましょう。

Threadsはそれぞれのスマホに合わせたコア数にして下さい。

後は特に設定を変えなくても大丈夫でしょう。

念のため、対局と検討モードで動作確認をして下さい。挙動がおかしければここまで説明してきた中で何かを間違えているはずですのでもう一度確認し直してください。

 

それではこれで説明を終えます。

快適なスマホでの検討をお楽しみ下さい。

関連記事

今回紹介したApery-cus_0.02を使うのにオススメのスマホ&タブレットです。