コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

とっておきの振り飛車対策~ponanza流対振り雁木~その1

シェアボタン
スポンサーリンク

はじめに

以前の記事で対振り飛車の雁木穴熊を紹介した。

www.fgfan7.com

今回は穴熊には囲わず、雁木で迎え撃つ指し方を紹介していこうと思う。

雁木穴熊とあわせて対振り雁木も指せるようになればより戦術に幅が広がる。

ではさっそくはじめていきたい。

実戦例

↓動く再生盤はこちらから

対振り雁木その1 | Shogi.io(将棋アイオー)

棋戦:将棋ウォーズ
先手:2016Pona
後手:後手

(初手からの指し手)

▲7八金 △3四歩 ▲7六歩 △4四歩 ▲6八銀 △4二飛(下図)

手数=6 △4二飛 まで
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・ ・ ・ ・ ・v飛 ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 金 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:なし
手数=6  △4二飛  まで

初手▲7八金はponanzaがときおり用いる一手。

ponanzaは初手▲7八金を▲7六歩、▲2六歩に次ぐ評価の高さの指し手と考えている。

通常の感覚では▲7八金をとがめにいくなら、振り飛車にしたいところ。

よって後手は角道を止めてから四間飛車にした。

(上図からの指し手)

▲9六歩 △9四歩 ▲6六歩 △6二玉 ▲4八銀 △7二玉 ▲5六歩 △8二玉 ▲5七銀右 △7二銀 ▲6七銀 △3二銀 ▲5八金(下図)

手数=19 ▲5八金 まで
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・v飛v銀v角 ・|二
| ・v歩v歩v歩v歩 ・ ・v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v歩v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 歩 歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 銀 銀 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ ・ 玉 ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:なし
手数=19  ▲5八金  まで
後手番

先手はどうやって駒組みを進めるかといったところだが、まずは居玉のままで雁木に組み上げた。

後手もオーソドックスな手順で美濃囲いに組み、まずは互いに囲いの構築が続く。

(上図からの指し手)

△4三銀 ▲2六歩 △4五歩 ▲6九玉 △4四銀 ▲6五歩 △5四歩 ▲7九玉 △3三角 ▲2五歩 △5二金左 ▲3六歩(下図)

手数=31 ▲3六歩 まで
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 銀 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:なし
手数=31  ▲3六歩  まで
後手番

なおも駒組みが続く。先手としても玉は深く囲っておきたいところだ。

▲2五歩の局面で△3五銀と出る手が気になるかもしれないが、以下▲3三角成△同桂▲8六角△4三飛▲7七角(参考図)

手数=35 ▲7七角 まで
後手:後手
後手の持駒:角 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・v金 ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・ ・ ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・v飛v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩 ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v歩v銀 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 銀 歩 歩 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:先手
先手の持駒:なし
手数=35  ▲7七角  まで
後手番

と進めれば大丈夫だ。

ここから△4六歩▲同歩△同銀には▲4四歩で先手良しとなる。

(局面図再掲)

手数=31 ▲3六歩 まで
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩 ・ ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・v歩v銀v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩 ・v歩 ・ 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ 歩 ・ ・|六
| ・ 歩 ・ 銀 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ 角 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:なし
手数=31  ▲3六歩  まで
後手番

(上図からの指し手)

△5五歩 ▲7七角 △5六歩 ▲同銀左 △5五歩 ▲6七銀 △5三銀 ▲3五歩(下図)

手数=39 ▲3五歩 まで
後手:後手
後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・v桂v香|一
| ・v玉v銀 ・v金v飛 ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀 ・v角v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩v歩 歩 歩 ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:歩 
手数=39  ▲3五歩  まで
後手番

後手は5筋から動いたが、△5三銀は一瞬の隙きを作ったようだ。

▲3五歩が機敏な仕掛け。

角頭を狙い、2筋の突破を狙っている。

(上図からの指し手)

△4四飛 ▲2四歩 △同 角 ▲2二歩 △3三桂 ▲2一歩成 (下図)

手数=45 ▲2一歩成 まで
後手:後手
後手の持駒:歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ とv香|一
| ・v玉v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀 ・v桂v歩v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v飛v歩v角 ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩v歩 歩 ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 銀 歩 ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ 金 ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ 桂 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:なし
手数=45  ▲2一歩成  まで
後手番

△4四飛と3筋を受けたのに対して▲2四歩が軽い手筋。

本譜は△同角と取ったが、△同歩でも▲2二歩で攻めが続く。

無条件でと金を作って先手好調だ。(先手+700

(上図からの指し手)

△3五歩 ▲2二と △3六歩 ▲2三と △5七角成 ▲同 金 △3七歩成 ▲同 桂 △3六歩 ▲3三と(下図)

手数=55 ▲3三と まで
後手:後手
後手の持駒:銀 歩 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・v玉v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀 ・ と ・v歩|三
|v歩 ・ ・ ・ ・v飛 ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩v歩 ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・v歩 ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 金 歩 桂 ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:角 桂 歩二 
手数=55  ▲3三と  まで
後手番

後手はと金を作られたのでうかうかしていられない。

必死に手を作ろうとするが、上図最終手▲3三とで飛車成りが約束されてはっきり先手優勢となった。(先手+1000

以下は手順のみ記す。

(上図からの指し手)

△3七歩成 ▲2一飛成 △4七と ▲同 金 △4六歩 ▲同 金 △同 飛 ▲7四桂(途中図)

手数=63 ▲7四桂 まで
後手:後手
後手の持駒:金 銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂 ・v金 ・ ・ ・ 龍v香|一
| ・v玉v銀 ・v金 ・ ・ ・ ・|二
| ・v歩v歩v歩v銀 ・ と ・v歩|三
|v歩 ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・v飛 ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ ・ ・ ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:角 歩四 
手数=63  ▲7四桂  まで
後手番

△9二玉 ▲6一龍 △4九飛成 ▲5九歩 △6一銀 ▲8二金 △9三玉 ▲8一金(下図)

手数=71 ▲8一金 まで
後手:後手
後手の持駒:飛 金 銀 桂 歩二 
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 金 ・v銀 ・ ・ ・ ・v香|一
| ・ ・ ・ ・v金 ・ ・ ・ ・|二
|v玉v歩v歩v歩v銀 ・ と ・v歩|三
|v歩 ・ 桂 ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ 歩v歩 ・ ・ ・ ・|五
| 歩 ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| ・ 歩 角 銀 ・ ・ ・ ・ 歩|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香 桂 玉 ・ 歩v龍 ・ ・ 香|九
+---------------------------+
先手:2016Pona
先手の持駒:角 桂 歩三 
手数=71  ▲8一金  まで
後手番

まで71手で先手の勝ち

※投了図以下、△7四歩には▲8二角△8四玉▲9一金で後手玉は一手一手の寄り。

まとめ

従来の感覚では相手の作戦が決まっていないうちから▲7八金と上がってしまうと振り飛車にされた時に駒組みが難しくなり、損だと言われてきた。

しかしponanzaを中心とした将棋ソフトによって▲7八金と上がった場合でも振り飛車に対応できることがわかりはじめてきている。

今回紹介した対振り雁木もその有力な作戦のうちのひとつだ。

もともと銀が6七と5七に並んだ雁木は中央に厚い形として知られてきた。

よって振り飛車側からの△5五歩の揺さぶりにも対応しやすい。

この対振り雁木は今後注目されていく指し方であろう。

(次回に続く)