読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク

定跡周辺の攻防(矢倉5三銀右急戦)

矢倉
シェアボタン
スポンサーリンク

f:id:fg_fan7:20160130094048p:plain

図の△3三銀は▲羽生四冠△渡辺竜王(08年12月、竜王戦第7局)で現れた渡辺新手である。この将棋はあまりに有名だが、今回はfloodgateではどのように指されているのかを検証したい。

まず図の局面は2013年~2015年の間に86局指されている。

ここからの次の一手および、勝率の統計は以下のようになっている。

次の手   棋譜数(%)  先手勝率
────────────────────────────
1.▲6五歩 64 ( 74%) 0.500 30勝 30敗
2.▲7九角 9 ( 10%) 0.333 3勝 6敗
3.▲5七銀 8 ( 9%) 0.167 1勝 5敗
4.▲5九銀 2 ( 2%) 0.000 0勝 2敗
5.▲2四歩 1 ( 1%) 1.000 1勝 0敗
6.▲9六歩 1 ( 1%) 0.000 0勝 1敗
7.▲5六金 1 ( 1%)
────────────────────────────
計 86 0.443 35勝 44敗

このように後手の勝率が高く、この新手の優秀さがわかる。

一番指し手の多い▲6五歩の将棋を見ていきたい。

amatyan vs. NineDayFever_XeonE5-2690_16c (2013-06-25 22:00) http://wdoor.c.u-tokyo.ac.jp/shogi/view/2013/06/25/wdoor+floodgate-900-0+amatyan+NineDayFever_XeonE5-2690_16c+20130625220000.csa

f:id:fg_fan7:20160130095557p:plain

以下少し進んで図の局面。ここでは△3一玉が多いが、NineDayFever(PuppetMaster時代も含む)はすべて△5二金と指している。玉を4一のままで速攻をしかけようという考えだ。

(上図からの指し手)

△5二金▲5六銀 △6四歩 ▲同 歩 △7三桂 ▲5四歩 △6四銀 ▲6五歩 △同 桂 ▲同銀右 △同 銀 ▲同 銀 △3九角成 ▲2六飛

(下図)

f:id:fg_fan7:20160130101803p:plain

桂損の猛攻を仕掛ける。馬を作り、先手の玉のほうが薄いので仕掛けは成立しているとみる。

以下、△4八馬 ▲6八玉 △5七歩 ▲同 金 △8六歩 ▲同 歩 △6九銀 ▲7九金 △8六飛

(下図)

f:id:fg_fan7:20160130102202p:plain

見事に細かい攻めを繋ぎきった。以下後手が快勝している。

 

この戦型は一時期ほどの流行は見られていないが後手番の戦法として非常に有力だと思う。またプロ棋戦でも指されるようになるのではないだろうか。

矢倉5三銀右急戦 (最強将棋)

矢倉5三銀右急戦 (最強将棋)