コンピュータ将棋研究Blog

Twitterアカウントsuimon@floodgate_fanによるコンピュータ将棋研究ブログです。

スポンサーリンク
ーおすすめ記事ー

角換わり

角換わり腰掛け銀最前線~後手番二手損作戦の是非~

はじめに 現代の角換わりは細かい駒の配置の違いによって仕掛け筋や結論が変わったりするので、指す方は大変である。 後手番は守勢になりがちだが、仕掛けまでに少しずつ待つ形を変えて先手に研究の的を絞られないようにしている。 後手は通常の手の損得で待…

角換わり棒銀対策~温故知新の△4二角~

はじめに 棒銀は将棋のルールを覚えてまもない将棋ファンが一番はじめに指してみる戦法としても最も人気が高い戦法である。 しかし、狙いはシンプルでありながら攻めが決まれば自分より実力が上の相手にも一発が入る可能性のある、魅力的な戦法だ。 以前にも…

角換わり早繰り銀の最新形の攻防

はじめに 現代における相居飛車の将棋では角換わりが矢倉を凌いで最も出現率の高い戦型となっている。 大きな戦型分類として角換わりから派生して角換わり腰掛け銀、角換わり早繰り銀、角換わり棒銀の3大作戦に分かれる。 この中では角換わり腰掛け銀が一番…

角換わり腰掛け銀新型同型、後手番一手パス戦略(elmo-AlphaZero 66局目)

はじめに 先日、DeepMind社によって公開された、AlphaZeroの棋譜は将棋ファンに大きな反響があった。 100局公開された棋譜はTwitterなどでも話題となり、AlphaZeroの指し手もたくさん共有されていった。 今回の記事ではその100局の中から、角換わり腰掛け銀…

小林宏七段との指導対局(角換わり腰掛け銀▲4八金・2九飛VS腰掛け銀△4二金右型)

はじめに 7/15日、将棋センター「歩(あゆみ)」にて小林宏七段の指導対局が行われた。 今回の記事ではその対局(平手戦、私の先手)を初手から振り返っていきたいと思う。 実戦譜 動く再生盤は↓のリンクから https://shogi.io/kifus/171062 (初期局面) 初期…

あきこ(ponanza)に勝つまでの軌跡

はじめに (工事中) メモ ・いろいろな戦法を試してみたが、現状の私は角換わり腰掛け銀新型同型以外であきこに勝ち目がない。 ・角換わりには比較的誘導しやすいが、あきこは早繰り銀も多い。(△7三銀の場合は投了) ※▲4六歩〜▲4七銀を急ぐとあきこは腰掛…

第二期電王戦第2局 佐藤天彦名人対PONANZA 実況スレッド

はじめに はじめに 11:07 角換わりに 11:43 類型の検索 12:17 先手不満なし 12:56 昼食休憩 おしらせ 本日限定で千里の棋譜 完結編「神域の一局」がプレイできます! 14:09 先手が穴熊にしたことで評価値が後手に傾く 15:00 PONANZAの陣形が美しい 15:…

第27回世界コンピュータ将棋選手権決勝リーグ「elmo-ponanza」suimon観戦記その3

その2の続き www.fgfan7.com ひたすら受ける 受けの妙技 切らす技術 上部脱出 新たなる歴史 終章 ひたすら受ける 手数=88 △1七香 まで 後手:ponanza 後手の持駒:銀 桂 歩二 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ | ・ ・v飛 ・ ・…

第27回世界コンピュータ将棋選手権決勝リーグ「elmo-ponanza」suimon観戦記その2

その1の続き www.fgfan7.com ponanzaの猛攻 変調? 暴発か寄り筋か ponanzaの猛攻 手数=45 ▲1九飛 まで 後手:ponanza 後手の持駒:なし 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v飛 ・ ・ ・ ・v玉v桂v香|一 | ・ ・ ・v金 ・ ・…

第27回世界コンピュータ将棋選手権決勝リーグ「elmo-ponanza」suimon観戦記その1

序章 本大会、戦前予想では圧倒的にponanzaの優勝を予想する声が多かった。 ここ数年での戦績はもちろんの事、ディープラーニングの導入、CPU1092core(Xeon) GPU128基(Maxwell Titan X ) というモンスターマシンスペック。 もはや隙が無いとさえ思われていた…

衝撃の新事実!?一手損角換わり戦法の創始者は三浦九段だった

三浦九段に対する新たな情報が次々と入り始めてきている。 はてなブックマーク1000以上の↓のエントリーは必読の内容。 ironna.jp 私は三浦九段に対しての現在進行形の話題には触れない。 (他に適任者がいると思うので) 今回の記事ではタイトルのように…

角換わり腰掛け銀△6二金・8一飛・4二玉型での△6五歩速攻▲5八金型②

角換わり腰掛け銀における表記の形からの仕掛けは2016年後半に大きく流行した。 ↓前回記事 最近では先手がこの形を避けて、同型の▲4八金、2九飛型に組む形に関心が多く集まっているのを感じる。 しかし、前回記事にした▲5八金型からの▲6五同銀の切り返しには…

筋違い角戦法の新戦略ー概要編ー

筋違い角について まず今回の記事を執筆するにあたって、筋違い角戦法についての書籍、ネット上の記事をたくさん読んでみた。 そして調べるうちにこの戦法はとても奥が深いことがわかってきたので記事にすることにした。 まずは筋違い角戦法に関しての現状認…

【ソフト研究】復活する先手角換わり棒銀-△1四歩編-

はじめに 先手角換わり棒銀は歴史のある戦法だが、現在では指されることが少なくなってきている。 角換わり棒銀戦型が角換わりの場合の棒銀は、相手が腰掛け銀の場合に有効な手段とされている。先手の場合、右銀を▲3八 - ▲2七 - ▲2六へと進め、1筋を絡めて攻…

角換わり腰掛け銀新型同型における千日手問題について

最近の角換わり腰掛け銀の将棋は人間、ソフトを問わず4八金、2九飛型の将棋がメインになりつつある。 それに対して相手側は5二金、8二飛型で迎え撃つのもあるが、同型の6二金、8一飛型にする手法が増えてきている。(これを暫定的に角換わり腰掛け銀新型同型…

角換わり▲4五桂、△6五桂速攻について その4~最強の△4二玉型~

はじめに 今まで3回にわたってみてきた角換わりの▲4五桂速攻。 居玉+△2二銀、居玉+△4四銀、また後手の△6五桂速攻について様々な実戦例をもとにして検討してきた。 その4では後手のその他の形をみていきたいと思う。 はじめに 参考棋譜1(▲4八玉+▲…

角換わり▲4五桂、△6五桂速攻について その3

はじめに その1では角換わり▲4五桂速攻の対居玉+△4四銀と対居玉+△2二銀への基本的な攻め筋をみてきた。 www.fgfan7.com その2では対居玉+△4四銀の実戦例をみてきた。 www.fgfan7.com その3では対居玉+△2二銀の復習をponanzaの実戦を通してみてい…

角換わり▲4五桂、△6五桂速攻について その2

はじめに その1では角換わり▲4五桂速攻の対居玉+△4四銀と対居玉+△2二銀についての基本的な攻め筋を見てきた。 www.fgfan7.com 今回は復習として対居玉+△4四銀の形をもう一度おさらいしようと思う。 はじめに 実戦例その1(対居玉+△4四銀)▲4四飛…

角換わり▲4五桂、△6五桂速攻について その1

はじめに 最近、角換わりの将棋において注目されている形がある。 それは下図のような単騎の▲4五桂の速攻である。 手数=27 ▲4五桂 まで 後手:後手 後手の持駒:角 9 8 7 6 5 4 3 2 1 +---------------------------+ |v香v桂 ・ ・v玉 ・ ・v桂v…

角換わり右玉対策ー中住まいバランス型ー

はじめに アマチュア間では根強い人気がある角換わり右玉。 今までも本Blogではその対策記事をいくつか書いてきた。 www.fgfan7.com www.fgfan7.com また、豊島の将棋 実戦と研究という棋書に載っている銀矢倉から穴熊に組み替える作戦も対角換わり右玉の作…

角換わり腰掛け銀△6二金・8一飛・4二玉型での△6五歩速攻▲5八金型①

はじめに 角換わり腰掛け銀において今最も注目されている形と言えば、 ▲4八金・2九飛型(△6二金・8一飛型)であろう。 この形は先後両方で指すことができるが、今回は後手番でこの仕掛けが成立するかをテーマとしていきたい。 先手番での同様の仕掛けは…

将棋ソフト技巧の角換わり右玉対策(対▲7七銀型右玉)

はじめに 将棋ソフト「技巧」は人間らしさを兼ね備えた棋風のソフトで検討に利用している人は今もなお多い。(※2019年2月追記) 中盤以降での筋の良さはコンピュータ将棋ソフトの中でも群を抜いているように感じる。 今回の記事では技巧の角換わり右玉対策(…

ponanzaの角換わり右玉対策(△4三銀型に対する攻略法)

はじめに アマチュア間では右玉の将棋は多いが、コンピュータも右玉の将棋は多い。 よって対策を考えるのにはコンピュータの将棋を参考にするのも有効だ。 今回はponanzaの角換わり右玉対策(△4三銀型)を紹介したい。 実戦例 開始日時:2015/03/15 10:30:0…